個人に合った最高の音質『Nuraphone』の評価とレビュー

こんにちは

趣味ブロガーのたろうです。

今回は、先日購入した近未来的ヘッドホン『Nuraphone』について評価とレビューをしていきます。

この『Nuraphone』ですが、去年日本に上陸してから少しずつ広まりつつあるみたいです。

それでもまだまだ、イヤホン、ヘッドホンのい店では取り扱いや視聴もしていなかったりと気になっていてもなかなか実力を見極められないというのが現状です。

僕は2018年の12月くらいに広告か何かで偶然見つけて、これはすごいぞ!と思ったんですが、なかなか手が出せていませんでした。

しかし、先日ついに我慢ができなくなり、購入してしまったので、これから買おうと思っている人や、気になっている人の参考になればいいなと思いこの記事を書いています。

 

Nuraphoneはどんな構造?

 構造としては、ヘッドホンのイヤーパッドの中に、イヤホンのようないパッドが入っているのが特徴です。

外観のインパクトもさることながら、このヘッドホンの最大の特徴といえばやはり、アプリでの聴力解析です。

アプリに接続することで、聴力を測定し個人個人のデータを保存することができます。

すると、いつも聞いている音源が超高音質に変わるんですよ!!

しかも低音の音量を調節できるので、クラブミュージックが好きな人にとってはたまりませんね。

イヤホン部分はゴムでできており、非常に柔らかいので耳が痛くなることはありません。

 

外観の評価とレビュー

大雑把な評価としては、ものすごくいいです。

まず開封時ですが、結構大きく高級感のある白い箱に入ってきます。

こちらは箱の裏面の画像です。

文字が乱立しててなかなかファッショナブルでかっこいいです。

箱のおもて面には『This is not a headphone』という書き込みが笑

確かにイヤーチップや耳の解析など、ヘッドホンを超えつつあるとは思いますが、ヘッドホンなのは変わらないんじゃ?笑

そして、白い箱を開封するとアップルのituensカードを思わせるような配色の箱の下部分の上にNuraphoneがケースに入って鎮座しています。

こういった、ケースへのこだわりは日本の製品会社には無いものですよね。

無駄だという人がいるのかもしれませんが、こういうのってやっぱり製品への期待感を高めてくれるので僕個人的には好きです。

それではケースを見ていきましょう。

       

箱から取り出すとこんな感じです。

下に伸びているひものような部分の先に磁石がついており、それでケースを閉めるような気候になっています。

ケース自体をほっておいても締まるよう力が働くように作ってあるのでかなりしっかりと閉まります。

ケースを開けると、このように入っています。

nuraphone本体には、保護のためのシールが貼られております。

収納感はぴったりとしていて、ケースに入れて振ってもヘッドホンは動かないようになっています。

本体はこんな感じです。

やはり、このヘッドホンの中にあるイヤーピースが存在感ありますね。

音のレビューはまた後ほどいたします。

ケースの上部に入っているこの丸いケースには、充電用ケーブルが収納してあるます。

このまるいケースにも磁石が入っていて、ケースの中に磁力で収納されるようになっています。

ケーブルの端子はこんな形の端子で、日本では同じ端子を使っている製品はないかもしれません。

このケーブルの質感がとても良くて、すべすべのマット仕上げ?のような感じで、ケーブル自体も硬さや軟弱さもなく個人的にものすごく好きです。

音に関する評価とレビュー

音に関してですが、初めて聞いたときはかなり驚きました。

ヘッドフォンは以前から購入予定だったのでEイヤホンさんなどでゼンハイザーなどの高級ヘッドフォンを視聴していました。

それでも全く聞き劣ることない音質でした。

やはり、このヘッドホンの特徴である聴力解析の効果ですね。

個人用に作製した聴力のデータを用いて音楽を再生するのと、普通に再生するのでは全く音質が異なりました。

それに、このヘッドホンのパッドは通期性能が良く、装着しながらランニングすることもできました。

装着感は若干重いかもしれませんので、数時間の継続した着用は多少しんどいかもしれないという所感です。

バッテリーの持ちに関しては、非常に優秀です。

装着時にバッテリー残量を言ってくれるのと、耳から取り外した時点でBluetooth接続が解除され、電源がオフになるので電池残量を管理しやすいという感想を持ちました。

結構お値段は高めですが、5万円であるにもかかわらず10万円越えのヘッドホンと張り合えるくらいの実力がありますので、ぜひ購入してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました