京大院試 工学研究科(機械) 外部合格 教材や勉強法などを公開

大学院試

試対策6月編

院試2ヶ月前の6月の僕がやった対策と反省点です。

6月までの内容や研究室訪問についての記事は以下のリンクからどうぞ

出願

京大は、ネット出願なのでかなり楽に出願できました。

志望理由書や研究計画書もないので、全然時間がかからないので特に時間を取られることもないでしょう。

注意点としては、出願時に送付した写真を受験票に貼る必要があるのでちゃんと保管しておきましょう。

 

計画立て

 

僕が京大の研究室訪問をした際に院生に勉強法などを聞いた際に言われたのが

[st-kaiwa1]過去問3周すれば絶対受かる[/st-kaiwa1]

ということでした。

京大の院試は難しく内部優先もないので、内部も外部も同じ土俵です。

そのため3周をしっかりやれば受かるというのです。

僕はその言葉を信じて、とにかく3周+αをすることにしました。

そこで、試験本番までにどのようなスケジュールで解いていけば3周できるのかを手帳に書き込んで逆算しました。

その結果6月はとりあえず一周目を終わらせることに!

 

過去問1週目

過去問一周目を解きました。

ここまでの対策では、数学はマセマのみで専門科目はJSMEなどしかやってないです。

そのため、一週目はほとんど方針を立てられずかなり焦りました。

皆さんもこの苦しみを経験するはずです。。

しかし、ここで大切なのは問題とにらめっこして時間を浪費することより解答をみて考え方や抜けている知識を蓄えることです。

正直どの科目も難しくレベルが高いので一周目は基礎の再確認と考え方を学ぶことに重点を置くのです。

僕は過去問を10年分解いたので、1日に一科目数学、キリキは3年分程度、専門科目は5年度分くらいを目標にして解きました。

解答を見てもわからない問題はどうするのか?

解答を見ても本当にわからない問題は少なからず出てきます。

もし、あなたが大学の勉強相談室に行ける状況であったり一緒に院試を勉強している友人がいるなら質問し解きましょう。

しかし、京大生でも解答を作れてない問題やむずかしすぎる問題はあります。

そんな場合は、捨ててもいいと思います。

一周目は基礎の理解と解答の方針立てをできるようになるのが大事なので、難しい後半の問題より前半の問題をしっかり理解しましょう。

過去問題を解いていく時の賢い方法

過去問題を解いていくときに、ただがむしゃらに解いていくのは効率が良くありません。

僕の場合は2つの方法を取り入れ一周目以降の効率をあげました。

1日にどの科目の何年度分を解くのか手帳などに書き込み目標を明瞭化

1日にどれくらい解ければ本番までに3周分解けるのかを手帳に書き込み明瞭化しました。

1日のノルマが決められていればだらけることもないですし、自分は頑張れているという実感にもなります。

実際、勉強法などをまとめた本には必ずと言っていいほどこの手法が書いてあります。

ぜひこの手法を取り入れてみてください。

全科目の10年度分の表を作って各問題の理解度と優先度を記入

難しい問題は一周では理解できないことが多いです。

そういう問題には、×とかカッコ何番までは解けた、または理解したという風に書いておきました。

これをしておくと、二周目に言った時に一周をへて自分の理解度が上がったとか解けるようになったとか明確に分かります。

また、何度やっても解けない問題は本番前に再確認できるので、自分の弱点も見つけることができるんです。

6月の反省点

他の大学の出願は計画的に

6月前半は、東工大の出願があったので、ノルマをあまりこなせませんでした。

京大の出願はすぐに終わりますが、他に設ける予定の人はきをつけましょう。

 

後半に少しだれてしまった

6月の目標である京大の過去問1周を早いうちに達成してしまったので、後半に少し垂れてしましました。

ただ、ずっと頑張りすぎるとしんどいので最後1ヶ月になる直前に一旦休憩するのもアリかもしれません。

院試受験生へのアドヴァイス

この時期は残り1ヶ月になる前なので、やりきれていない科目や苦手かも!という科目を潰しておきましょう。

受験が近いので不安になるかもしれませんが、自分を信じて勉強すれば絶対受かるので頑張ってください。

京大院試7月編

京大の過去問を二周した

京大の過去問を合計3周するというのが当初の目標だったので、6月に二周して7月で2周しました。

二周、三周と何度も問題を解いていくと、様々な問題の考え方や先輩にもらった解答の正誤も議論できるようになって来ます。

一周目で理解が浅かった問題もかなり理解できるようになって来ました。

難しい問題、特に27年度の『ブーメラン』の問題などは難しかったので理解を諦めることにしましたw

東工大の問題も一周しました

僕は東工大も受験することにしていたので一周しておきました。

実際、自分で解答を作っていたのでかなり理解ができており2周目はかなり余裕だったので理解が浅いなと思った問題だけメモっておいて本番前に解くことにしました。

本番1ヶ月前はしっかりノルマを決めて1日1日を大切にしよう

試験まで1ヶ月ですが、今しっかり頑張れば一気に合格が近付くと思います。

僕個人の感覚では、この1ヶ月でそれまでの知識などが結びつきあって一気に知識レベルが上がった気がします。

三周目は、数学は2時間、機械力学は1時間、専門科目は40分を測って本番で時間が足りなくならないよう訓練しました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました