バイク

バイクでの事故防止のため気をつけるべき5つの事

投稿日:

スポンサードリンク

こんにちは。

皆さん、バイクに乗っていて『危ない!!』と思ったことはありませんか?

皆さん少なからずあると思います。

筆者も一度車に引かれことがあります。。。

バイクは非常に取り回し易く、速度も出やすい乗り物です。

さらに、体がむき出しなので事故を起こしたとき重傷になりやすい乗り物でもあります。

そこで今回はバイクで事故を防止するために気をつけることを10個ご紹介しましょう。

速度を出しすぎない

こんなの当たり前、と思うかもしれませんが、

皆さんは実際法定速度で走れていますか?

多くの人は走れていないでしょう。

バイクは法定速度なんてすぐに超えてしまうくらいパワーがあります。

考えれば分かる通り、速度が早ければ早いほど事故はより悲惨なものになります。

また、速度が遅ければ遅いほど危険を発見し回避できる可能性は高まって行きます。

つまり、いかに理性を保って安全な速度で走行できるかが事故防止につながるのです。

『いけるかも!』は行ってはいけない

路上を走っていると、今はいけるかも!という場面がよくあります。

例えば次の場合です

右折の時、反対車線で直進車が向かってきています。

自分は右折しようとして右折レーンの先頭です。

今右折すれば当たらずに曲がれるかもしれません

こういう場合ですね。

この場合反対車線の車が優先なので対向車線の車は右折してくるとは思っていません。

自分右折した場合、衝突するかもしれません。

こういった事故は結構起きていて右直事と呼ばれ多発しています。

他にもいけるかもということは非常によくありますが、そこで行って事故をすれば時間がかかるどころか死ぬかもしれないのです。

皆さん『いけるかも』は行ってはいけませんよ!!

横断歩道をしっかりチェック

右左折する際、横断歩道を通ります。

その際、歩行者をしっかりチェックしないと衝突して大怪我を負わせる危険性があります。

特に気をつけるべきは、自転車です。

クロスバイクなどかなり速度が出るものもありますので、横断歩道を通る際は横断歩道の初めから終わりと歩道も少しチェックしましょう。

ここで運転の際に頭に置いていて欲しいのは歩行者はバイクが止まると思っているということです。

そのため自転車や歩行者は平気で突っ込んできます。

なので皆さん、横断歩道を横切るときはゆっくりチェックして進みましょう。

黄色点滅信号はしっかり減速

小さい道や夜の12時ごろの信号は点滅信号になります。

黄色点滅は『気をつけて進め」、赤点滅は『一時停止』です。

ですが実際皆さんは黄色点滅は気にせず通っていると思います。

それは危険ですよ!

点滅信号があるということは交通量が少ないということです。

つまり、その交差点を通過する運転手たちは車はこないだろうと油断しているのです。

筆者の黄色点滅を夜の12時に進行中赤点滅で停止しなかった車にはねられたことがあります。

相手が悪いのもありますが、こちらが口をつけてゆっく走行すれば防げたかもしれないのです。

追い越しは無理そうならすぐに諦める

バイクは加速力が大きく、速度も出る乗り物です。

追い越しをしたくなるのは当然ですね。

ただ、追い越しするときに気をつけて欲しいことがあります。

前に遅い車がいたから追い越そうとしたとします。

あなたは反対車線を見てどうやら行けそうだと判断しました。

そして追い越し開始!

しかしその途中で反対車線の車が思っていたより近く、追い越し終わるのは余裕ではないt気がつきました。

こんなときはすぐに諦めて減速しましょう

対向しているということは簡単に考えて近ずつ速度二倍以上です。

考えているより早く近ずく事は当然です。

ここで無理をして衝突しようもんなら間違いなく重大事故になります。

無理はやめましょう。

 

まとめ

今回ご紹介したのは

・速度を出しすぎない

・いけるかもは行かない

・横断歩道はしっかりチェック

・黄色点滅は気をつけて進め

・追い越しは無理しない

ということでした。

車もそうですが、『かもしれない運転』を徹底すれはほとんどの事故は防ぐことができます。

皆さんもかもしれない運転を徹底して安全なバイクライフを送りましょう!!

 

 

 

こちらガス欠したときの対処法を書いた記事です。

関係ないと思う方もぜひ読んでおいて損はないと思います。

バイクがガス欠してしまった時の対処法

 

 

  • この記事を書いた人

たろう

機械系の大学生ブロガー。『筋トレと音楽は裏切らない』がモットー。SR400乗っててオーケストラでフルート吹いてて筋トレしてる人です。メジャーな情報からニッチな情報まで発信します。

-バイク

Copyright© たろうブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.