バイク

なぜSR400を選んだのか

更新日:

スポンサードリンク

こんにちは!

今日は僕が乘っているSR400についてなぜSRを選んだのかと言う理由とともにご紹介していこうと思います。

SR400

僕が載っているバイクはヤマハのSR400(3世代目の2000年式)です

この画像のが僕のバイクです。

結構いじってありますが。

どこをいじったかはこの記事で紹介しています。

 

 

このバイクは知っている方も多いとは思いますが1978年からの超ロングセラーバイクです。

なんと最近販売終了になりましたね。なんてこった

 

特徴としてはみなさんご存知の通り単気筒エンジンの振動とキックスタートですかね。

 

SR400にはエンジンの振動をキャンセルするためのバランサーがついていません。

そのためエンジンの振動が車体にもろに伝わります。

よくSRに乗った感想としてトコトコ感がすごい、とか言われてますがあれは本当です。

高回転の時の振動は半端ないです笑

 

そして、キックスタートですよ、、

なんとこのバイクにはセルモータがついていません笑

つまり毎回キックで始動させないといけないのです。

乗りたての頃は毎日何回もキックしてなんとかエンジンをかけていました。

もうすぐ購入して一年になりますが、いまでは毎回一発でかけることができます。

次に、なぜ僕がこのバイクを選んだのか、です。

 

僕は初めバイクのことなんて全然知らず、友達に誘われて免許を取りに行きました。

 

そのためこれに乗りたいからバイクの免許を取る、という感じではなくてバイクに乗りたいから、免許をとりあえずとって後で何に乗るか決めよう、という感じでした。

 

まあこういう人が多いのかもしれませんが。。

 

バイクを決めるときに、まず除外したのはフルカウルのninjaやYZFなどですね。

理由としては自分が乗っいる姿が想像できない、という単純な理由です笑

 

そのため、候補としてはネイキッドやアメリカンに絞られて行きました。

アメリカンはどうもしっくりこなかったのでネイキッドかなあ、というふうになりました。

 

初めはホーネットやバリオスに乗ろうと思っていたのですが、調べていくうちにバイクには様々なカスタムがあるとわかってきました。

その中で偶然見つけた  カフェレーサー

かっこえええええ!

一目惚れでした笑

カスタムの中で群を抜いて僕の心にぐっとくるものがありました。

 

こんなわけでバイクをカフェレーサー風にカスタムしていくことに決め、そのベースとなるバイクを探し始めました。

 

候補としては、GBグラブマンとSRが出てきました。

GBは250cc SR400は名前の通り400ccです。

僕は学生なので車検のないGBに気持ちが揺らいでいました。

しかしGBには欠点があり、それは廃番になってから年数が経っているため純正部品などのカスタムパーツの流通量の少なさでした。

 

カフェカスタムにするならカスタム部品の豊富なSRの方がいいのかなあと迷い、ネットでバイクを見ていたところ家の近所のバイク屋さんで2000年式、完全純正のSR400がなんと¥200000で売っていたんです。

 

すぐに行って見てみるとあまりのかっこ良さに即決、買ってしまいまいした笑

 

さらに、もともと車体40万くらいを想定していたのでハンドルだけセパレートハンドルにしてもらうことにしました。

 

ただ、バイク屋さんに、『完全なセパハンにするには色々といじる必要があるし、初めて乗るにはハンドルの切れ角が小さくなりすぎるし高さを変えられないから、このハンドルにした方がいいよ』

と言われ、ハリケーンのこのハンドルにすることに

 

 

このハンドルなら高さを下げることもできるのでとりあえず高めにつけてもらいました

こんな感じです。

f:id:flutetaro:20170902221712j:plain

これが僕が購入したばかりの状態です。

ついでにですが、マフラーも純正でフロントもリアもフェンダーありました。

今は取ってあります。

 

SR400に関する他の記事もぜひお読みください。

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

たろう

機械系の大学生ブロガー。『筋トレと音楽は裏切らない』がモットー。SR400乗っててオーケストラでフルート吹いてて筋トレしてる人です。メジャーな情報からニッチな情報まで発信します。

-バイク

Copyright© たろうブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.