バイク

SR400 マフラー交換 DAYTONA キャブトンマフラー

更新日:

スポンサードリンク



こんにちは
先日、SRのマフラーの交換をしたので記事にしようと思います。

まず今回選んだマフラーですが、デイトナのキャブトンマフラーです!!

 

今回のマフラー交換の目的は基本的な音量のアップと低音の増加です。

値段はamazonで19800円、、安いですね=

スリップオンなのでフルエキと比べると圧倒的に安いです。

トライアンフマフラーやスーパートラップとも迷いましたが、今回は初めてのマフラー交換ということで安く、JMCA認定であるデイトナのキャブトンマフラーにしました。

それでは加工風景など載せていきます。

 

まず包装から、こんな感じで届きました

マフラーはこんな感じ、かっこいいですねドストライクです

しかも、思っていたより断然軽い!!

付属品はこんな感じ

JMCA認定証、説明書。ガスケット、ステー、ねじて感じですね。

液体ガスケットを購入しておくか迷いましたが、付属品を使用することにしました、、、

これが交換前の純正マフラーです。

音も静かで、デザインもいいし、いいマフラーだったなあ。

まあいつでも変えられるんで、、

まずは左側からこの純正マフラーについてるタンクみたいなやつと本体を固定してるネジを外して、、

マフラーとエキパイをつなぐ部分のボルトを外して、、、

このタンデムバーとマフラーを車体と接続してるボルトを外せばマフラーは取れます。

しかし、なんとこのボルトが錆びていて全く外れません。。

僕はそれまでバイクをあまりいじっていなくて、自転車いじる用の安い工具類と、車載工具のスパナくらいしか持っていませんでした。

556もさしながら作業したんですが錆びすぎて全く動きません

そのため力を入れても動かず、しかもなめそうになってなすすべがありません、、

30分格闘した結果、新しくちゃんとした工具を買いに行こう!!という結論に達し

自転車に久しぶりに乗って二輪館でメガネレンチとガスバーナーを購入

(自転車二輪館ちょっと恥ずかしかった笑)

ガスバーナーで1分炙った後556を指してメガネレンチで回して見ると、つるっといきました。

感動の習慣でしたね笑

 

こうしてマフラーが取れましたとさ

純正マフラーは本当に重いです。

こんなのつけてたんかって思うくらい重いです笑

 

はい取り付け完了です

取り付けは5分もかかりませんでした。

しべてはあの六角ネジのせい。。

結果としては純正より低音が大幅にまし、アクセルを開けた時の心地よい『ドコドコ』と言う振動が増し大満足です。

 

みなさんもバイクいじるときは系滑剤とメガネレンチはしっかりと準備してからにしてくださいね>

-バイク

Copyright© 大学生でアフィリエイトを始めたたろうのブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.