小説

人生を変える作家 村上春樹の魅力

更新日:

スポンサードリンク



こんばんは

今日は僕の好きな作家である村上春樹について書きます。

村上春樹さんは非常に有名で、まさに日本文学界のレジェンドって感じですよね。

 

村上春樹の有名な作品といえば、『ノルウェイの森』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがあります。

ご存知の人もいると思います。

 

僕が彼の本を読み始めたのは、高校三年生の時です。

一番初めに読んだのはノルウェイの森です。

読んだ理由としては有名な本だし、面白いんかなと思って読みました。

話の内容はなかなかヘヴィーで思ってたのとなんか違ったのを覚えていますわら

そして、これが本当にラストがわかりにくいんです笑

でもこの本をきっかけに春樹ワールドにどっぷりとはまってしまいました。。。。

 

まあ本のレビューはまた書きますね。

 

とにかくそれから村上春樹にどハマりして、次に『海辺のカフカ』、『ねじまき鳥クロニクル』、『1Q84』、などなど色々読んで行きました。

 

村上春樹の作品のどこがいいかというと、まずその不思議な世界観ですよね。

 

彼の作品は基本的には日常生活の中で現実的な話で始まるのですが、その中に非現実的なものが混じってきて主人公が巻き込まれていく、という感じが多いです。

そんなに単純なものでもないですが笑

さらに主人公は基本的に普通の人なんですが、変な登場人物がよくでてくるんですよね。

みんな独特な雰囲気を持っていて忘れられない言葉をたくさんいいます。

なんだこの人は、って思うんですけどどこかその人の生き様に憧れるような人物ばかり出てきて人が登場すルノが楽しみになってきます。

また、彼の作品は読んでる途中はなぜか怖くなってくるんですよね。。


また、ラストが謎な物語が多いです。まあそれが面白いんですが。

あと、僕が思う村上春樹の魅力としては、小説の中に登場する音楽の良さです。

例えば、物語りの中で主人公が入ったカフェで流れている音楽の名前と、演奏者などが書かれるんですが、実際にそれを聞いてみると、ハマります

また、物語の中で何度も出てくる音楽があって、それを聞くと村上春樹のその本を思い出したりしますね、、

 

 

最近、騎士団長殺しが発売されましたが実はまだ読んでいません、、

なぜ買っていないかというと、僕は中古本屋でバイトをしているのですが中古でもまだまだ高いんですよね、、

学生の僕としてはできるだけ安く買いたいので、もう少し安くなってから買います。。。

 

 

『村上春樹』は難しそう、というイメージがあるかもしれません、、

まあ実際読んでみると普通の小説と比べると確かにわかりにくく、難しいもかもしれませんが、読んでみるとその世界に吸い込まれて行きます。

 

なので、読んだことのない人は、ぜひ一度『ノルウェイの森』とか『海辺のカフカ』などを読んでみてはいかがでしょうか????

 

僕がお勧めするのは『色彩を持たない多崎つくると、巡礼の日々』です。

この本は、読み始めて中間くらいまでは、非常にしんどいんですが、、最後の方まで読んでしまうと、そうだったのかという驚きと感動に包まれます。

ので是非ぜひ読んでみてください!

 

 

 

それではまた!

 

 

-小説

Copyright© 大学生でアフィリエイトを始めたたろうのブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.