未分類

『フルート初心者必見』響いた音を出す方法

投稿日:

スポンサードリンク



こんばんは

今回はフルートを始めて間もない時に怒る悩みの解決方法にいて書いていきます

フルートを始めたばかりの人は、たくさん息を入れてるはずなのに息が漏れる音がして音が響きにくい。

と感じることが多いと思います。

なので、今日はなぜ音が響かないのか、どうすればいいのか、について書きます。

 

まず、何故息をたくさん吐いているはずなのにしっかりとした太い音が出ずに、響かないのか、についてですが

結論から言いますと、フルートはただ息を入れるだけでは、響きません。

ただ単に息をたくさん入れても、そのほとんどは音にならずに出て言ってしまうんです。(悲しいことに、エアリードの宿命ですね)

つまりフルートの音の響きにおいて重要なのは沢山の息を吐くことではないのです!

もちろん息の量は音量を出すためにも、響を出すためにも必要です。

しかし、ただ力一杯息を吐くだけでは意味がないのです。

フルートの音を響かせるにはアパチュアと息の速度、が非常に重要になって来ます。(始めたばかりだとアパチュアが何かわからないかもしれませんが、アパチュアは唇のフォームのようなものです)

 

アパチュアに関しては、初心者の方はまだアパチュアを確立出来ていないとも思いますし、まずは確立させて行くことが大切です。

アパチュアの練習に関しましては、第1オクターブのC、つまり最低音の指のままC.G.H.E.Aと出して行く練習が効果的だと思います(音が違ったらすみません)

こちらの練習は後で紹介します『ソノリテについて』に乗っております。

 

この練習ではアパチュアの変化によって音を取るのでそれぞれの音に適したアパチュアの作り方を習得出来ます。

 

次に息の速度です。

フルート初心者の方々は息の速度を早くして、と言われると口に力を入れてしまうことが多いのですが、そうではないのです。

高音を吹くときに唇や口の中に力が入ってしまいがちですが高音はむしろ力を抜くことで響きます。

しっかりと腹式呼吸をして、お腹から空気を出して音を出すことで息の速度や密度をあげて吹くのです。

腹式呼吸に関してもただお腹に力を入れるだけでなく、お腹の底から『ぐわあぁぁぁ』という感じで絞り出すように吹くことで良い響きが得られると思います。

初めはこの感覚がわからず苦労すると思いますが、師事している先生や音が響いている先輩などに教えていただいてください。

 

 

 

つまり響いた音を出すには、アパチュアを最適化することと、お腹から息を出し、速度と密度をあげれば良いのです。

ただ、低音の場合は速度を上げすぎるとなりにくかったり音が割れたりするのでアパチュアをひろく、また暖かい息のイメージで吹けば響かせられます。

音の探求はいつまでも続くと思うのでロングトーンなど日々頑張りましょう。

最後にフルートの音色をよくする練習がたくさん乗っている練習本を載せておきます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

輸入楽譜/フルート/モイーズ:ソノリテについて
価格:5616円(税込、送料別) (2017/9/21時点)

 

 

 

 

では、フルート吹きのみなさん、練習頑張りましょう!

 

-未分類

Copyright© 大学生でアフィリエイトを始めたたろうのブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.